FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
話し合い?確認しあい?・・・確認試合!!
2006 / 11 / 23 ( Thu )
本日F大に行きました。
そそ、
何人かの方に・・・なんでQ大ではできないのかとご質問いただきましたが・・・
国が認可してないんです。
大きく言えば・・・Q大はまだ肺移植ができないんです。技術的なことではなく。
う~ん・・・書類面で。

で、F大と話をしたんですが。
何度も何度も何度も何度も・・・

「本当に肺移植をしますか?」

といわれました。

私は外科の先生が嫌いです。ものの言い方が好きではありません。
いろいろ不安もありますし、つい感情が高ぶってしまって、少々本音が出ました。
「するしかないでしょう?します。」
みたいなことを言いました。

そうしたら、揚げ足取るんですw
いやだいやだ。
こっちが感情的になってるのをいいことに(いや、本人にそんなつもりはないでしょうが)つつくつつく・・・
はじめはそうのことを思って泣いていましたが・・・そのうちその先生に対して悔しいと思うようになって・・・
終いにはどうやったら言い負かせることができるかしら?と・・・かなりイライラしていました。
作戦も立てず・・・感情に走ってしまった。
次は絶対に負けんです!

で、どういうことになったかというと。

明日、ドナー(私)の精神鑑定があります。
そして、土曜日25日に転院、ソウがQ大から救急車にてF大に搬送されます。
そしてこれは予定ですが・・・
私も土曜日に入院になります。

こんだけ肺移植だと騒いでるくせに・・・ドナーの資料が全然F大に届いてないという・・・(遠い目・・・

そして、28日火曜日、9時ごろからドナー処置に3時間程度、移植に6~7時間
世界初、4歳12kgの生体肺移植がはじまります。

いっぱい危険はあります。
私が一番怖いのは術中死、特に医療ミスなんてことには絶対にならないよう・・・私が眠ってる間に何かあるのが一番いや!!
それだけは避けて欲しいです。

さらに、たとえ繋がっても肺が機能しない可能性。
私の血が入ってるソウの体に私の肺を入れると理論上は拒絶が殆んどないはずですが・・・絶対に出ないわけではないんです。
それのことも然り。

全体的なことを総合すると・・・
確率的には50%の成功率。

・・・ふ

低いです?
低いですね。
外科的な確立から見たら。

でもですよ?
いままでソウが歩んできた道。
Q大とも話しましたが・・・
「かつてこんなに確率が高かったことがあった?」

ごめんなさい。
麻痺してます。
でも、あんだけ・・・10%にもみたない確立を何度も生き抜いてきたソウが
50%って数値をもらって・・・成功しないわけがない!!
親ばかですよ?何か?

私自身、不思議な予感を感じることが多々あって・・・
不安や、嫌な予感がすると凄い胸騒ぎに襲われるんですが・・・
しないんですよ。
負け惜しみでもやせ我慢でもなく。
しないんです。びっくりするほど落ち着いて・・・
なによりもうすでに勝ち誇ってます。


スポンサーサイト
22 : 33 : 09 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。