スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
世界最年少生体肺移植
2006 / 11 / 28 ( Tue )
おはようさんです。
カナデです。
昨夜から騒いでる浣腸がもうじきやってきますひぃー

そしてそのあとソウに会いに行きます。
しゅしゅももうじききます。

じゃ皆皆様の応援を一身に受けいってまいります!

笑顔で帰ろう

しゅしゅです。

奏が手術室に入りました。ソウもすでに入室しているはず。

長い1日が始まりました。

看護師さんが教えてくれたんですが、朝僅かながら虹が出ていたらしいです。

今日は大安!よい結果が報告できると信じてます。

以後は都度看護師さんから入ってくる連絡をリアルタイムで追記して行きます。
AM8:30
手術室入室

AM10:46
執刀開始

PM13:1?
奏左下葉肺摘出完了
(ソウ人工心肺装着 その他大きな問題なし!)

PM15:0?
奏手術終了
(レントゲン撮影等で連絡を頂いたのがPM15:45だったが奏本人は少しではあるが喋れる状態との事。
またソウの移植も大半の予定が終了し肺や心臓機能の確認を行った後、胸を閉じるとの事。)

PM16:30
奏が一般病棟に戻ってきます。容態も安定。
ソウはまだ頑張ってます。開いた胸を無理やり閉じると
心臓を肺で圧迫しかねないのでゆっくり少しずつ閉じて完了となる予定です。

もうひと踏ん張りッ!!!

PM18:30
今回のソウの執刀医S石先生より、『無事終了しました』とお言葉頂きました。
ありがとうございました。まだレントゲン撮影等の待ちのため、ソウに会えてませんが
大丈夫!!奏もソウも落ち着いてる!

永い人生の一つのハードルはクリアしました。
まだ課題は残されているけど、今日はこれで一休みです。先は永いんだからね
スポンサーサイト
19 : 00 : 48 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。